最近よく聞く、遺伝子検査って何なの?

ニュースでも最近耳にする遺伝子検査について簡単にまとめてみた。[広告]

最近よく聞く、遺伝子検査って何なの?

ニュースでも最近耳にする遺伝子検査について簡単にまとめてみた。[広告]

遺伝子検査って何?検査するメリットは?

https://pixta.jp/

出典:https://pixta.jp/

遺伝子検査とは身体に存在する遺伝子(DNA)を調べる検査のことです。

遺伝子は人によって違い、個人によってそれぞれ特徴的な型を持っています。
よく親の特徴が子供に遺伝するといいますが、これは親の持っている遺伝子と同じ型の遺伝子が子供に遺伝するからです。


自分がどのような遺伝子を持っているのかを調べる検査、これが遺伝子検査なのです。

なぜみんな遺伝子検査をするの?

理由1位は「病気への対策」


1位・・・将来的な病気への対策などができると思ったから
2位・・・以前から遺伝子検査に興味があったから
3位・・・検査できる疾患や体質の項目数が多いから
4位・・・ 健康や美容の改善に役立つと思ったから
5位・・・注文方法や、唾液を採取して送り返し、結果を得るという手続きが 簡単そうだったから
受けた理由の1位になったのは、「将来的な病気への対策などができると思ったから」で、実に受けた人の7割が回答。これには、増大する個々人の医療費負担が背景にあると考えられます。

長寿・高齢化に伴い、介護・医療費など将来社会保険費の急増が懸念される中、病気は「なってから治すものではなく、なる前に対策する」という考えが浸透しつつあるようです。

検査と言えば、人間ドッグやMRI、CTですが・・・

身体的な負担や時間、それにコストがかかりますよね。

一方、遺伝子検査は・・・

近頃は厳密な健康診断のためには人間ドックよりも遺伝子検査のほうが良いと言われるようになりました。

遺伝子検査と人間ドッグの違いというのは、一般人にとってはわかりにくいですが、手軽さと身体への負担を鑑みると遺伝子検査のほうがはるかに楽であることが分かります。
将来的な病気についてまでは発見できないのが人間ドッグの特徴でもあります。

他方、遺伝子検査においては、潜在的に人の体質や遺伝的な傾向を調べることが出来るという点が遺伝子検査と人間ドッグの違いです。遺伝子の塩基配列には規則性が見られることから、それを分析することによって潜在的な病気を発見することができます。

この検査の意義というのは、将来的に起こりうる病気を早期に発見し、早い段階から予防を始めることを目的としています。

自宅で簡単に検査できて、将来の病気予防に役立てることができる!

そこで、遺伝子検査サービス『MYCODE(マイコード)』で具体的に何をするのか、そして何がわかるのかを調べてみました。

■特長① 自宅で簡単に唾液で検査

Webサイトから申し込むと郵送される検査キットで唾液を採取し、返送するだけ。検査は針や注射を一切使わず、唾液を採取して郵送。
結果は約2〜3週間後に、ウェブサイトで閲覧できます。



■特長② 3大疾病(がん、心筋梗塞、脳梗塞)を含む280項目を網羅

38項目のがん、19項目の生活習慣病、130項目の体質、その他の病気93項目の、計280項目の検査項目が網羅されている。


■特長③
専門家が監修した充実のレポート・生活改善アドバイス

疾患発症リスクや予防アドバイスなどを、わかりやすい図で解説。

さらに、ただ生活改善に役立つ食品や成分を表示するだけではなく、管理栄養士が監修したレシピまで掲載。
検査結果の読み方が判りにくい方のために、相談窓口も用意しています。
https://pixta.jp/

出典:https://pixta.jp/

効率的な病気の予防ができるし、かける保険も目安がつけられるし、検査結果で具体的な対策がスタートできるのは長い目でみると大きいですね。

早めに遺伝子検査を始めることで、より早く病気予防に役立てることができる!

まさに病気予防の新スタイル。
病気はなってから治すものではなく、なる前に対策する!

将来どんな病気にかかりやすいかなどが分かり、今後の生活習慣を見直すきっかけの一つになります。

家族の遺伝や、体質で不安なところがあれば、今から自分を知ることで、予防対策をスタートできる目安となります!

https://pixta.jp/

出典:https://pixta.jp/

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング